2017年03月23日

24時間換気は寒いが止めるのは待って!

新築に引っ越して、数日が経ちました。

人生初の床暖房と快適なお風呂に感動をしているところです。

まだ引っ越して数日ではありますが、問題が発生しました。
それは、2階がものすごく寒いことです。

2階にはエアコンの取付もまだしていないのと、床暖房もないので仕方ないかと思っていたんですが
寒さの原因はどうやら24時間換気のようです。

現在、シックハウス対策などによって24時間換気が義務付けられています。

積水ハウスでも24時間換気システムの仕様を選ぶことが出来ますが、
私達が採用しているのは積水ハウス標準の「アクティブ換気システムIV」となっています。

「アクティブ換気システムIV」は簡単に言うと、
サッシの換気かまちや給気口から外の空気を取り込んで、
家の中の空気を屋根裏に設置してある24時間換気の換気扇が外に出す仕組みです。

試しに止めるとかなり寒さが改善されましたが、
要は、家の中で温めた空気を外に出さないようにしたから、寒さが軽減されたということですが、
これだと空気を循環しないので、問題があります。

まあ、定期的に窓を開けるから大丈夫だという方は、止めても良いかもしれませんが、
24時間換気を止めて、万が一問題が起きても自己責任ということになります。

引き渡しの際の説明でも、ハウスメーカーとしては、法令上の問題があるので止めていいとは言えないと言われました。

まだ経験はありませんが、24時間換気を止めると結露が発生するという問題も聞いたので、
完全に止めるのはやめておこうと思います。

あと、24時間換気の換気扇は寝室のウォークインクローゼットに設置してあるんですが、
人によっては、換気扇の音がうるさくて眠れないという方もいるようです。
確かにそれなりの音がするので我が家では、弱運転で動かしています。


深夜の書斎がものすごく寒いので暖房器具の検討もしたいと思います。


posted by アルマミ at 12:53 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。