2015年09月07日

リユースキャンペーン本抽選へ

昨日、セキスイハイムのリユースキャンペーン本抽選会へ行って来ました。


当日は工場見学も兼ねて開催されているため、九州各地から佐賀県の鳥栖にある工場にはかなりの人が集まっていました。
本来、展示場から貸し切りバスで工場まで移動し、昼休憩などを挟みながら見学する予定となっていますが、
子どもが小さくて、バス移動はストレスになりそうだったので、自分たちの車で昼過ぎに会場へ向かいました。


担当営業に案内されながら、私たち家族も工場見学や震度7の地震体験をやっていよいよ抽選会です。


本抽選の手順を、一部省略しながら紹介したいと思います。

司会の女性が挨拶やら今後の流れを一通り説明して、抽選開始です。

まず、抽選に参加する人の名前などが書かれている紙が予め用意されているんですが、
各エリアのセキスイハイムの社員が抽選用のボックスに担当エリアの紙を入れてシャッフルします。

一応不正のないように、目の前には会場から選ばれた一般の人がその光景を見守ります。
私たちはその後ろに並べられた椅子に座っていました。

全ての紙が投入されシャッフル後、挙手制でボックスから紙を取りたい子どもを会場から司会の方が選びます。

今回選ばれたのは、小学生の男の子。


選ばれた子が目隠しした状態で、ボックスをテキトーにシャッフルし、一枚引きます。


辞退した場合に備えて次点と次次点の当選者も決めるため、同じ子があと2回引きます。


運命の瞬間、





私たちは見事ハズレました・・・





マイホームの夢が若干遠のいてしまいました。


ちなみに、工場見学ですが当日は稼働はしていないため、
作業風景をみることは出来ませんでしたが、一つ一つの部材はコンピュータで管理され
機械でユニットが組み上がっていくので、施工にムラがないというのは
ユニット工法のいいところだと改めて思いました。

大手メーカーのため、決して安い坪単価ではないですが
軽量鉄骨の家を考えているなら候補として考えてもよいメーカーではないかと思いました。





posted by アルマミ at 15:11 | Comment(0) | セキスイハイム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。