2015年08月01日

住宅メーカーの実例見学会を訪問

8月1日に、谷川建設の実例見学会に招待された為、行ってきました。

木造で延床面積35坪の家でしたが、かなり参考になりました。

4LDKのためで和室はアリませんが、書斎も確保して広々ウォークインクローゼットなど間取りもいい感じでした。
収納はかなり確保しているのはいいと思いました。

気になった点としては、子ども部屋、寝室が狭いことです。収納が大きい分35坪だと各部屋を
小さめにしないと収まらないんですね。

プラン次第で収納をうまく配置したりして、部屋の広さは確保できそうな気もしますが、
延床40坪くらいが理想的なのかなという感想です。

やはり、展示場とは違い実際に住まわれる家ということで、色々と参考になりました。
注文住宅ではあっても、なんとなく安っぽさを感じてしまったので
設備や建具などの仕様など全体的に自分たちの好みとも違うので、
自分たちの候補としては、谷川建設は一歩後退という感じです。



posted by アルマミ at 15:59 | Comment(0) | 実例見学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木造と鉄骨の家はどちらがいい

家の建築では、大きく分けて木造の家と鉄骨・鉄筋コンクリートの家がありますが、
はたしてどちらの方が自分たちのとって良いのか?

色々と調べた結果で私の中でのメリット・デメリットがそれぞれありました。

木造のメリット
  • 材料費や建築コストが安い
  • 間取りの自由度が高く、外観の選択肢が多い
  • 断熱性に優れている
  • 吸湿性に優れている

木造のデメリット
  • シロアリなどの害虫被害の危険性がある
  • 火災に弱い

鉄骨・鉄筋コンクリートのメリット
  • 耐震性に優れている
  • 気密性や遮音性に優れている
  • 耐火性に優れている(コンクリートは燃えにくい)
  • 建築の工期が短い

鉄骨・鉄筋コンクリートのデメリット
  • 材料費や建築コストが高い
  • 家が重くなるため、その分地盤の強度が必要
  • 結露が発生しやすい
  • 間取りや設計に自由度が少ない


メリット・デメリットの中で、断熱性や結露については使用する断熱材やサッシ・窓の質にもよる
と思うので構造で気にする必要はないかもです。
正直、間取り・設計の自由度が高く、コストが安いということで木造の方がベストなのか気がします。
ちなみに、嫁は実家が木造でとにかく冬が寒いという理由で、鉄骨の方がいいそうです。


posted by アルマミ at 09:00 | Comment(0) | マイホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする